当ブログはWordPressテーマ『SWELL』を使用して作られています

【2018年】株の年間取引報告(利益)

閲覧いただきありがとうございます。

このページでは2018年株の年間取引報告をします

2018年は下落相場でも利益を出すことができました

目次

収支合計

+338,637円(税引き後利益)

内訳

ライブスター証券口座

+424,970円

振り返り

2018年の出来事

2018年はアベノミクスが始まって以来7年ぶりに年換算で日経平均が下落しました。

日経平均は年初から比べ約3000の下落で年に換算すると約13%の下落幅だったようです。

意図していないのですが下落相場の時に調子がいい傾向があるように感じ始めました。

もちろん株価暴落時は持ち株も当然下がるのですが。

理由として後付けで考えたのはこの頃から中小のバリュー株、割安株を中心に売買するようになったことです。

バリュー株/割安株とは
一般的に成長性が見込めないと判断され、現時点の株価が企業の利益などの価値を考慮した水準に比べて安いと考えられる株式を指します。

認知度や需給の関係で割安水準になっている銘柄を中心に取引したので、上昇相場の時は人気がなく利益を上げられないのだと考えています。

その代わり本業がしっかりしているので、下落相場でも安心して持っていることができました。

むしろ絶好の買い場と感じる場面もあり、そこで購入できたことが後の利益につながっています。

反省点もあります。目をつける銘柄は悪くないのに結局早売りしすぎてしまうことです。

財務諸表や数年分の決算書を見て利益は四半期のいつ頃に伸びる業態なのかチェックするなど上がる前に銘柄を仕込むことはできていたと感じます。

しかし目標株価が低く徐々に上昇してくれれば持っていられるのですが、株価が急騰してしまうと過熱感を感じて早期に利確に走ってしまいます。

2017年は複数の口座で株取引を行った結果一部の口座で損失を抱え、それは問題ないのですが損益通算をすることを失念(頭にありましたが面倒で・・・)していました。

損益通算とは
簡単に説明すると損失が発生した際に一部払いすぎた税金(片方の口座での利益に対する支払った税金)を還付してもらえる手続きを指します

ただそういった事務処理を考えなければいけないことが面倒になり2018年からライブスター証券のみで取引をすることにしました。

SBI、カブッドコム、ライブスターでは知名度が一番低いライブスター証券を選んだり理由については別の記事で紹介するつもりです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる