当ブログはWordPressテーマ『SWELL』を使用して作られています

【合格体験記】Googleアドセンス審査10記事で突破!

閲覧いただきありがとうございます。
一つの目標としていたGoogleアドセンスの審査に1発で合格することができましたので、合格前に気になっていたことをまとめました。
これから申請する方の少しでも参考になれば幸いです。

目次

Googleアドセンスとは

この記事を閲覧いただいた方の大半はGoogleアドセンスが何かということはご存じかと思います。

そのため知っている方にとっては当たり前の内容なので読み飛ばしていただいて構いません!

知らない方のために簡単にGoogleアドセンスとは何かを説明します。

Googleアドセンスとは
自分で運営しているWEBサイトにGoogleアドセンスのタグを貼り付けるだけで、ユーザーに対して最適な広告が自動で表示され、その広告がクリックされるたびにサイト運営者に報酬が発生する仕組みです。
アドセンス、グーグルアドセンス、Google Adsenseなどと呼ばれます。

配信元であるGoogleが広告を表示するのに適しているサイトなのか審査を事前に行います。

PV数が多い完成されたブログである必要はないのですが、一般的なブログの体裁が整っていないと審査が通らないことから、ブログ開設後の最初の登竜門のように考えている方も多いのではないでしょうか。

ちなみに私はそう考えていましたので、ブログ開設後に一つ目の記事を書く時から10記事を目安に申請しようと考えていました。。!

概要の説明を終えたところで、申請時のブログ状況や申請前に私が疑問、不安に思っていたことについて説明します。

Googleアドセンス合格時のブログ状況

WordPress×Cocoon

当ブログのサーバはXserverでWordPressのテーマはCocoonを使用しています。

2021年1月よりCocoonから有料テーマ『SWELL』に移行しました。

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ

『SWELL』

-当ブログはSWELLを使用して作られています-

WordPressでは有料テーマと無料テーマがありますが、わいひらさんのCocoonはとても使いやすいです。。

いつか有料テーマを使うことはあっても無料で始めたいのであればCocoonをお勧めします!

初記事投稿から約3週間

WordPressでブログを作成したのは11月中旬なのですが、デザイン調整に奔走していまして中々記事を書くことができませんでした。笑

実際はデザイン調整をしながらでも記事は書いたほうがいいらしいのですが、見た目が固まらないと書く意欲も湧かないタイプなんです。。

そのため初記事を投稿してからという基準で約3週間と書かせていただきました。

審査申請時記事数は10記事

アドセンス合格には一定の記事数が必要だという説があります。

私が申請前に調べている段階では5記事以下でも合格したという内容を目にしました。

ただ、そこまでギリギリを攻める必要はないかなと思います。

私の場合は初記事を書いてから2~3日に1回のペースで記事を更新しています。

記事の内容を振り返ってみます。

  • ブログ作成記事 2記事
  • 株の銘柄紹介 3記事
  • 株の収支報告 5記事

この「株の収支報告」記事については日記を書いているようなもので、あまり閲覧ユーザーのためになる記事ではないと判断されるのではないかと心配していました。

実際にどう判断されたかはわかりませんが、それを抜いたら5記事になってしまいます。

というように、どう判断されるかわからないのだから少しはバッファを持ったほうが安心です。

※後に説明しますが、記事が多すぎるのもよくないです。

記事の平均文字数は1810

アドセンス合格には記事の内容も関わっています。

文字数での制限があるとは明言されていませんが、一定数の文字数がなければ内容が薄いというのも理解できます。

そのため1000文字ぐらいを基準にするのも間違いではないと思います。

私は10記事での平均文字数は1810文字でした。

各記事文字数の内訳表を作成してみました。

記事名文字数
【2015年】収支報告1034
【2016年】収支報告1258
【2017年】収支報告1141
【2018年】収支報告1100
【2019年】収支報告1112
【3328】BEENOS【買い推奨】2269
【3319】デジタル・インフォメーション・テクノロジー【買い推奨】2815
【3630】電算システム【買い推奨】2862
【ブログ作成ロードマップ①】ブログ作成に必要なものを確認しよう2273
【ブログ作成ロードマップ②】なぜ有料ブログを選ぶのか?2240

申請時平均閲覧ユーザーは10以下

ブログ開設当初からGoogleアナリティクスを導入しています。

PV数についてはおそらく関係ないと言っていいと思います。

というのもブログ開設して1カ月も経たない状態ではアクセス数なんて少ないです。見たら悲しくなるほどに。

当ブログも例にもれずアドセンス申請時の1日のユーザー数は平均10ほどです。

検索流入件数は0件

アドセンス申請時ですが、検索からの自然流入は0件でした。

自然流入とは?
オーガニックサーチとも呼ばれSNSや別サイトからのリンクではなく、googleやbingなどの検索エンジンからサイトにアクセスすることを指します。

アクセスの大半はブログ村からのアクセスです。

ただ「自分のブログ名」で検索するとグーグルの検索エンジンには表示されるようにはなっていました。

googleの検索エンジンにインデックスされていないと良くないという話の信憑性はわかりませんが、表示されなくて気になるようであればグーグルサーチコンソールに登録してみましょう。

Google Search Consoleとは?
グーグルの検索エンジンで登録されている自サイトの露出(表示回数・掲載順位など)を確認することができるツールです。
またサイトマップを登録することで自サイトのページを早くグーグルの検索エンジンに伝えることができます。

サーチコンソールについて詳しくは記載しませんが、グーグルアナリティクスは登録しているけど、サーチコンソールは登録していないという方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

全く別の用途で使用するもので、両方使用する価値がありますので登録をお勧めします!

1日で審査合格

調べると審査合格の連絡は1日後の人もいれば2週間後の人もいて、その違いはなんだろうと思いますよね。

私はコンテンツの量が多く懸念点が見つかってしまうと審査は長くなるのでは?と考えています。

実際私は記事数と文字数がおそらく平均よりやや少ない位かなーと思いながら申請しました。

ですがネットでよく目にする基準の大半は網羅したうえで申請しています。

何が言いたいかというとコンテンツが多すぎるとチェックに時間がかり、そこにダメな部分が含まれてると一発でアウトな可能性もあるのです。

よって審査合格だけを目的とするのであれば多すぎず少なすぎない適度なコンテンツ量で審査に臨みましょう。

申請前に実施した対策

お問い合わせフォーム

設置しました。サイトの運営者へ連絡が取れることがサイトへの信頼性につながりますし、アドセンスを関係ないとしても設置していたほうがユーザーに対して親切ですよね。

例えば自分のブログに版権的にNGなものが入っていたとして問い合わせフォームがないと連絡しようと思ってもできません。

後に書くプライバシーポリシーにも関わるところですが、アドセンスはそういった規約や著作権には厳しいようです。

そのためそういった事態に対処できる環境であることが審査基準であるならお問い合わせフォームは必須ですね。

プロフィールの掲載

長いプロフィールである必要はありません。ページを作成せずともサイドバーに表示するだけで合格したという方もいらっしゃるようです。

私の場合は見てほしいので固定ページとして作成しています!

プライバシー・ポリシーページの設置

アドセンスは自動でユーザーに適した広告を表示するにあたって、そのユーザーが何を求めているか判断するためにCookieを利用します。

そのためサイトにはその旨の記載をすることが必須となっており、こちらは明言されていますので絶対に設置しましょう。

どんなことを書けばよいかわからない方は検索すれば例文を載せてくれているブログがたくさんありますので参考に!

当ブログもそういったブログを参考にさせてもらっています。

引用を外す

先にも書いた通り、グーグルは著作権にも厳しく他サイトの画像を勝手に引用していたりすると落ちる可能性があります。

私も株の銘柄紹介をするにあたってその銘柄のHPの業績画像を引用したりしていました。

もちろん引用タグはつけていましたが、念を入れてその部分は申請時には一時的に外すようにしました。

内部リンクの確認と作成中コンテンツの確認

ブログ作成当初はパーマリンクの設定を変えたりすることありますよね。

それでブログ内でリンク切れが発生していないか確認しましょう。

あと私は記事を書いている際に「TODO」などと記載して後で更新予定にすることがありました。

こちらも影響があるかは不明ですが未完成コンテンツと判断されないために消しました。

むやみに記事を増やさない

これが一番大事だと思います。

今回私は10記事でアドセンスに合格したという内容で記事を書いています。

皆さんの中にはコンテンツ不足で落ちたくないし急いでないからたくさん記事を書いてから申請しようと考えている方はいませんか?

結論から言うと私は10記事ぐらいで申請したほうがいいと思っています。

少なすぎるのは合格事例があるものの不安なのはわかります。落ちて何度も申請するのは面倒ですし。

ただ記事が多すぎると落ちたときが大変です。落ちた理由は教えてくれないので、直す範囲が広いほど不利です。

先ほど記載した引用を例と考えて引用外そう。。って思っても記事が多いほど修正するのも終わった後に戻すのも大変です。

そのため10記事というのは合格例も多数あり記事も多すぎないちょうどいい基準になると思います!

まとめ

今回はGoogleアドセンスの審査合格について紹介しました。

これを実施したから受かるというものではありませんが、取れる対策は取りたいですよね。

本記事の内容をざっくりまとめました。

  • プライバシーポリシー/お問い合わせフォームは必須
  • 簡単なプロフィールを書く
  • 念のため引用は外す
  • リンクエラーと作成中コンテンツをなくす
  • 記事数は10記事で十分だが各記事の1000文字ぐらいは書く
  • PV数は関係ない
  • 余裕があればGoogle Search Consoleに登録し検索エンジンにサイトが表示されるか確認する

これから審査を受ける皆様の少しでも参考になれば幸いです!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる